食堂、時々日々のあれこれ・・・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
おひさしぶりです。お元気、ですか?
梅雨なのか、なんなのか
去年よりも雨が少ない気がします。

SNSには綴りきれないことを、久々に、時々こちらに綴っていこうと思います。


最近親しい友人の展示をちょこちょこと見に行っています。
気がつけば、どの人もここ2.3年でギュッと仲良くなった人達ばかりで、人との繋がりは年月ではないのだなぁと、その関わり方の濃さというか、なんというか、本当に縁のある人とは一目会ってから仲が深まるまでの速度がはやいというか、不思議だけどそういうもんなのかな、とも思います。

ある友達は
普段は見せない心の中心を、ビビットな色や幾何学的な形の微妙な重なりで表現したり、写真やコラージュで世界を創ったりしていました。
普段から、この人の頭ん中どうなってんだろう・・・なんてよく思っていたのだけれど、展示をみてなんだか妙に納得したしすごくホッとしたのです。
そして、それと同時にドキドキしたりもした。
すごく、すごく、いいなぁと思った。


ある友達は
日々絵を描くことが好きで好きでたまらない人。
そんな彼女の個展にいったら、やっぱりその日もずーっと描いていました。。。笑
バッグに椅子に、葉っぱにまで絵を描いていた!
なんてこった!!
本当に好きなのだなぁ・・・・笑
彼女の絵を見て思うことは、どの絵にも楽しさが溢れていること、悲しいことや辛いことがあっても、やっぱり人生は楽しいよ!って言われている気がするんです。
好き、好き、すき!!!
好き、を、大切に生きる、そんな彼女はたくましくてカッコ良くて、でもやっぱり女の子。
チャーミングなんです。
絵が踊っているようで、私まで踊りたくなるような展示でした。


ある友達は
古い布と新しい布を組み合わせて、彼女の中にあるバランスでカッコ良くて美しい洋服や鞄を作る人。
彼女に会うと、なぜだか心の底から元気がフツフツと湧いてくるので、私は彼女のことを歩くパワースポットと呼んでいます。笑
そんな彼女は白磁の装身具を作る作家さんと一緒に、イタリアのとある街をイメージした、白い世界を創りました。
2人の息のあった、美しさと格好良さが同居した空間に、少しだけ背筋がシャンとした。
白い展示に行ったのに、連れて帰って来たのは、なんとも言えない黒系の色の布でできたたっぷりとしたワイドパンツ。
履いてみた時のシルエットのバランスがやっぱり好きで、彼女の感覚を身につけているのが嬉しくて、思わず・・・・・
ドカンとかっこいいこと変なことをたくさん言う、けれどとても気遣いができて優しくて可愛い人。
作るものに現れていたなぁ。



他にもちょこまかと、いろいろな場所でいろいろなモノに心を掴まれる日々。

気がつくとスーッと通り過ぎて何処かにいってしまいそうなので、時々ここにかきためていこうかなぁと思います。


曇り空や雨上がりの夕方に見える、夕日が毎日のご褒美。
そんな6月の真ん中でさす。
Check
- comments(1) trackbacks(0)
| 1/449 | >>