食堂、時々日々のあれこれ・・・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
読まず嫌いへ・・・・・



はぁーもう10月・・・・早いな〜
なんて思っていたら、もう来週から11月。

今年も残すところあと2ヶ月・・・・・・“残すところ”なんていう言葉を使う季節になってきたのか 
本当に1年はあっという間に過ぎていく。

はぁはぁ言いながら必死こいて走って、もういつまで経ってもゴールできないんじゃないかと思いながらも、必死で走っていたらいつの間にかゴールして、ゴールした満足感と達成感と、それまでの道すがらであったいろいろな光景やら自分の心情なんぞを思い出して仲間とワヤワヤと笑いあう
1年とはまるで学校行事の持久走のようだな、なんて思う。

2011年という持久走もすぐそこまでゴールが見えてきたようだ・・・・・・

はてさて
今日は久しぶりに仕事帰りに新宿に寄り道。

目的はBOOK1st新宿店で行われている名著百選をみるため!
友人の山元伸子はんが参加しているので、これは!と思い立ち行ってきました。

この企画は、さまざまな分野で活躍されている方々にとっての無くてはならない1冊に、一人ひとりが思いのこもったエピソードを添えて展示販売するというものです。

私は、本を読むのは大好きなくせになかなか殻を破って新しい分野の本に手を出すことが出来ない性分、なのでこういったフェアはとってもすきなのです。

今回は鬼海弘雄さんの1冊、幸田文著“台所のおと”を選びました。
普段の私ならば読むことは無いであろう分野の、でもタイトルの“台所”という文字に惹かれて
他に気になる数冊と悩んで悩んで選んだ1冊。

他にもきになるものだらけで、すごく悩んだけれど
『タイトルからの先入観でまだ読んでいない人は、途方もない損をしています。
どれも珠玉の短編集。文学を読む複雑で至福の体験。』
そんな鬼海さんの言葉が胸に響いて購入しました。

早速帰りの電車で読み始めたけれど、今までになじみのない文体で
なかなか頭に入り込んでこないけれど、一つ一つの言葉に趣があって
ぐっとかみ締めるように読んでいる。

気になる方、新しい本の世界を開拓したい方
ぜひぜひ足を運んでみてください。

それにしても、伸子さんのエピソードの文章がすごく良かった・・・・・・
なんていうか、伸子さん本人を知っているだけに、すごく良い意味で文章でしか見られない山元伸子という一人の人を感じられる気がして、私は伸子さんの書く言葉がすごく好みなのです。
会話とは違う、文字として本人を感じられる・・・・・やっぱり“本の世界の人”なのだなぁと思います。


さて
木枯らし1号が吹いようだけれど
今週末は河川敷で秋のピクニック改め青空居酒屋をやります。
芋煮たーんと作って皆で熱燗のむぞー
わいわーい

 comments(0) trackbacks(0)
ZINE'S MATE 2010


きききおんが!!!
毎日35℃・・・・・・・うぅーんうぅーん
家の中より、外にいるほうが涼しい我が家・・・・・
今日はどこで避暑しようかと、毎日考えています。

昨日は、ZINE'S MATE  のお手伝いのため、夕方からユトレヒトへ

ZINE'S MATE にて展示販売する予定の、美術館カタログのサンプル作りをました。

水戸芸術館、川村記念美術館、仙台メディアテーク、宮城美術館、地中美術館・・・・・・・

すーごくいろんなカタログが
どかどかと届いていて、作業しつつ思わず見入る私。
気になったのは、タレルのカタログ・・・・・・当日じっくり見よう・・・・

去年に引き続き、今年も行われる ZINE'S MATE 
小規模の出版社から、個人でZINEを製作している方まで
100以上の出展があるようで、今からすごく楽しみなイベント!!!

去年は、なんとなく遊びに行って、出店されている方たちが、すごく面白かったから
今年は、お手伝いとして参加しています。

ヒロイヨミ社の山元伸子さんや、私の大好きな出版者赤々舎も出展されるよう

山元さんは、これに向けて新しい冊子を製作中ということで、これまた今から楽しみです♪

本好き、紙好きはごっそり買い込みそうな予感大ですが
行ったら楽しい、本との出会いがあること間違いなしな夏のインドアイベントです。ふふふ

 comments(0) trackbacks(0)
東京駅の本屋にて


今朝からもんのすごい雨の伊豆半島
だから、いつもは日中散歩できる我が家の支配者(写真の人)は
ちょっぴり不機嫌そう。。。


特に帰宅時間を考えていなかったから
母に伊東まで送って欲しいとお願いして
伊東から電車に乗る。

タイムイズマネー
ということで、久しぶりに奮発して
踊り子号に乗り込み、一路東京へ。

大雨の影響で10分ほど遅れて伊東駅を出発

車中
乗り換えの心配も無いので
久しぶりに、音楽を聞かずに読書に没頭
あんなに、頭に入らなかった文章が、頭にするすると流れ込んでくる!!!!

やはり、読書は無音がいいなぁ
もともと文字を読むという作業が得意な人ではないので
こうして集中しないと駄目なんです。


東京駅について
一目散に丸善へ

お目当ての本を探していると
銀色夏生さんの、新しい文庫本を発見!
ミタカくんシリーズに高校時代すごくハマって以来
銀色さんは大好きな作家の一人です。

銀色さんの、“カイルの森”と、もう1冊気になっていた作品を購入


そのあと、松丸本舗を覗きに4階へ

すごいです。
エスカレーターを降りて外から見ても
なんかすごく独特な空間

その独特さが私をひきつけてやみません・・・・・こりゃ長いの予感大!

そんな思いを抱きつつ中へ・・・・

たのしいー
おもろいー
興味深ーい

本の大群が、ものすごい勢いで自分の視界に流れ込んで
私の好奇心を、がっしり わ・し・づ・か・み

武田百合子さんの遊覧日記
森村泰昌さんの本(文庫のやつ・・・・タイトルは忘れました。)

この2冊も欲しかった。。。

また近いうちにゆーっくりと覗きにいきたい、松丸本舗!

覗きにいきたいといえば
森村泰昌 何ものかへのレクイエム@写美
いのくまさん@オペラシティーアートギャラリー
そして、都立大のテルメギャラリーの写真展も行きたいのだ。

そして
GWは、鶯谷でやっている活版フェスタへも行きます。

時間があるのか・・・・・ワタシ

 comments(0) trackbacks(0)
murmurmagazine  森系乙女の愛読書


ひんやりクール、でもどこか暖かさを感じる表紙

先生のアシスタントで、お手伝いさせていただいているこの

まーまーまがじん

前回の号から、どうしても自分の家に置いて
ペラペラと読みたくて、新しい号が出るたびに買うようになりました。

なんていうか、このサラリとした1冊に
ぎゅぎゅぎゅぎゅーんと濃縮されたジュースのような濃くて
なんとも、ふむふむうにゃうにゃと納得してしまう内容が詰まっております。

なんだか、見た目だけじゃないのよ
見た目と中身がすごく合致している!!!!!

今回の、かわいい冷え取りファッションがものすごくツボである!!!
(編集長の、みれいさんの撮影の時のファッションもいっつもツボで、胸キュンしちゃうのだ*)
淡い色通しの重ね着や、ちょいと渋めの色を使うところとか
かわいいのにぶっ飛び過ぎずに、自然な雰囲気なのが本当にかわいー!!!

あれ・・・・いったいどれだけカワイイと言えば気が済むのだ??

でも、それくらいにいつも、胸にきゅーんと響く内容です。

そして、いつも一番最初のページに載っている
言葉の数々に、なんだか心が軽くなれたりします。
このページ、悩み多き乙女の皆さんには大変お勧めです☆
本当にお勧めなので是非読んでほしいなぁ〜




はぁ
気が付けば、もう8月も半ばを過ぎて、後半戦
やっと明日の朝東京に戻って、明日の夜からはお仕事開始です。
20〜28日までは、ほぼノンストップでお仕事
ものすごく久しぶりのお仕事な毎日になるので、からだが鈍っていそうで心配・・・・・
まぁ、やりましょう!!
こうして、休みを取ると、復帰するのが心配になるけれど
仕事と向き合うのがとっても新鮮になるので、そこはうれしいところだと感じます。

初心わするべからず
(あれ、初心わすれるべからずだったかな)


あと、見たい映画もなんやかんやあるし
楽しい仲間と、ベトナム料理もいけるし
なんといっても、久しぶりに、トクマルシューゴのライブに行ける!!!!!
生トクマルポップ*・。+うぅーれぇーしぃぃぃー
そして、狙っていた通り、下半期は好きなアーティストが結構来日するみたい
LAROUXはじめ、VITALIC・Sunset Rubdownなどなど
あとフランツも単独するようだけれど、国際フォーラムはちょっと広すぎて
ノリノリになれそうもないから行かないけれど
Sunset Rubdownの来日は行きたいなぁ・・・・・と
あっと、京都のボロフェスタ’09、これはめちゃくちゃイイ内容ではとおもいます。
潮音ちゃんも聞けて、inouでぐるぐるして、トクマルミュージックで
ポップでドリーミーな渦に巻かれてしまうのだ〜
他のアーティストたちも、ポップセンス抜群な匂いがプーンとする
本気で行けたら行こうかな・・・・・・夜行の激安のを使って。




 
 comments(0) trackbacks(0)
古本屋にて・・・・・


最近
マイミクさんの、ブックレビューで見かけて以来
実日子ちゃん好きな私としてはすごく気になっていた
午前、午後 というエッセイ集。

先日、おいしいと評判のドイツパンのお店に行ってみようと
いつもとは違う道をあるいて行くと
いつもは行かない商店街の中に、古本屋を発見・・・・・・
なんとなく気になって入ってみる

真っ先に100円棚に直行して、物色していると
角田光代さんの、恋をしよう。夢を見よう。旅に出よう。 というエッセイを発見
早速手に取り購入決意、そのあと、谷川さんの作品も見つけたり
そのあたりをうろうろしながら、ふっと上を見上げると
見上げた棚の中に、ほっそりとした背表紙、そこには

午前、午後  市川実日子

の文字が・・・・・
うー。うれしいっ!!!!!!!
即座に手に取り、他の2冊と共にお会計

ほしいなぁ〜って、かすかに願っていたら
目の前にあって、なんだか感激してしまった私。
ほんのり魔法のような瞬間だった・・・・・

今、通勤中は寝る前に、読んでいるのですが
なんだか、心が静まるような文章がすごく好き。
昔から自分の好きなもの、事、風景なんかを、自分らしく切り取って
丁寧に貼り付けている、そんな本
今の私の気分にはすごくあっているのかな・・・・・

 comments(0) trackbacks(0)
まんががマイブーム

小さい頃
付録が欲しくて買っていた、分厚い少女漫画
いつからか、そんな漫画のとりこになって
気がつけば、大人になった今でも、漫画を読むのが趣味だったりする

少し前まで、自分の中で活字を読みふけることがかなりブームだったのだけれど
近頃は、活字を読み続けられなくなり、雑誌をめくってみたり
まんがをひたすら読み返したりするのがマイブーム

そんな最近、すごくぐっとくる作品に出会った



Roundbout/渡辺ペコ
中学生の子達の、普通の日常を描いた作品なのだけれど
皆それぞれにいろんな悩みがあったり、恋に恋焦がれたり
楽しかったり・泣いたり・怒ったり
ちょっとしたことで、すごく心が揺らいじゃったり
なんか節々で、読んでいる側が心温まるエピソードがあったり
私は、23歳のくせに、そんな恋に恋焦がれる中学生の気持ちがすごく良くわかって
感情移入が激しいです。笑
登場人物の核になる、まことちゃんという女の子が、本当におもしろい!
中学生にして、まんまるボブのラウンドカットって、おしゃれだと思います。



積極/谷川史子
大好きな谷川さん。
ひっさびさに、家にあった漫画を引っ張り出して読みふけっていたら
ホームメイドという、谷川さんの漫画を読んで、とってもジーンときた私は
「この人の漫画にハズレなーし!!」という、なんとも大げさな感情を抱き
古本屋・本屋に行く際には、必ず谷川チェックをしています。
そこで、この1冊・・・・・・ほんとうに、大号泣しました。
亡き妻を愛し続けるおじさん教授、その人に恋する大学生の女の子
全体にほのぼのしていて、ほんのり切ない感じ
けれど、ラストがものすごく素敵で、奥ゆかしくて、もう涙無くしては読めません・・・・・・・・終始涙が止まりませんでした。
こういう切ない恋愛ってなんかいいね〜
ただの甘すっぱい感じじゃなくて、ほんのりすっぱくて切なさが胸に広がる感じ
谷川さんの漫画には、優しさが溢れていてすごく好きです。

最近の大ヒットな2冊でしたが
他にも大好きなものは沢山・・・・・・。
相変わらず、バガボンドは人生の指南書です。
(ただいま鹿児島でやっている最後の漫画展も、今すぐに飛んで言ってしまいたいくらい・・・・)

あとは、またまた音楽熱が再燃して
轟々と燃え盛っています。
最近は、壮大な感じのロックと、ドリーミーなエレクトロポップ
サイケデリックポップがお好みのようです。
しかし、お金も無いので、レコ屋で視聴を長々とするばかりで
あまりCDは買えません・・・・・・・
すごくすきなのを見つけて、たくさん聴きこんでいます。
やはり、北欧のアーティストの作り出す世界観がすきなのです。
繊細で、壮大で幻想的、でもズンズン響く感じとか
音楽って良いな〜と再確認。。。

沢山眠り込んでしまったら、いつの間にかこんな時間だ・・・・・
今日は、夜友人と日本酒呑みに行ってきます。
あぁーたのしみ*
 comments(2) trackbacks(0)
シンプルに、生きるために食べる


昨日
石川さんのトークショー前に購入して
さらさらさと読み終わった本です。

大地という名の食卓

彼が始めて旅に出たのは高校生の時
インドを1ヶ月旅したのだそうだ。
それ以降、さまざまな場所を旅しているのだという

そんな旅の中で出会った食べ物に対して書かれたのがこの本

食に対するこだわりはけして強くは無い
けれど、自ら欲して食べたいから食べる
生きるために食べる
生きていることを実感する食事という行為
すごくすごくシンプルだけれど

今、生きることを実感しながら物を口にする瞬間がどれだけあるのだろう

食べることも
食べ物を作ることも大好きで
それを職にしている私ですら
生きていることを実感しながら食べることなどあまり無いのではないだろうか

世界を旅しながら
その中で、自ら作物を採ったり狩りをして得た物を調理して自分の腹に収めていく
そして、収まった食べ物はやがて血となり肉となり自分の生活を形作る
そんな彼の生活の中から生まれた写真にはしっかり大地を踏みしめ
確かに生きているのだという何か熱い血が通っているような気がする。


私が読んでいて一番食べたくなったのは
アラスカでとりたてをそのまましょうゆ漬けにして食べたいくら丼
そして、どんな鍋でもおいしく炊く自信があるという白飯

昨日のトークショーでの私の質問にも
白いご飯だけは絶対にうまく炊けます!!
って断言していたっけ・・・・・・・ふふっ

この本に書いてあることは
かっこつけなんかじゃない人間の基を作っていく
シンプルな食の話だ。

読んでいて
ところどころに面白いエピソード有り
まじめな食料事情エピソード有り
写真集には載っていないような日常写真有り
私にはかなり魅力的な内容だった。

 comments(0) trackbacks(0)
小学生日記


最近ご無沙汰だった古本ハンティング

以前買って読んでいた本を読み終えたので
久しぶりに足を運ぶ。

いつもいくブックオフで真っ先に向かう棚
それは、100円コーナー!
しかも、小説の棚よりエッセイの棚がいいんです!!

そんなお気に入りの棚から
今回選び出したのは

モデルのhanaeちゃんが書いた
小学生日記

思ったことを素直な感性でまっすぐに綴るその文は
読んでいてなんだか昔の自分を少し思い出す。
小学生の頃、文を書くことはわりと好きで
時には原稿用紙10枚にもなるような大作を書いた記憶がある
うんん、大作って言うかただ文章のまとめ方がへたくそだっただけなんだけれど
あの頃の文章にはやっぱりまっすぐな思いが篭っていたんだと思う。

歳を重ねるに連れて
まっすぐを保つことは時として困難になるから
たまには、右へ左へよろよろとそれて
それでもまっすぐを保とうと頑張る自分がいる。
正直疲れる

最近ちょうどそんな感じだったから
この本に出合えてよかったな

フリマの話に
モトイくんの話に
塾とか友達の家族の話
どれもこれも、ごくごく日常の風景を切り取った物だけれど
今の私には一番新鮮に響く

なんだか
少し肩の力が抜けて
元気を取り戻せた読書の時間だった。



昨夜
待ちに待っていたお店のセールにちょこっと行ってきた。
・トップス
・サンダル
・巻物2枚
以上を買ったのだけれど
特にサンダルはクラフトちっくな作りが気に入っている
ワイドパンツに合わせてシンプルな格好がしたい・・・・・・
帰りに行ったイタリアンのピッツァがとってもおいしくてほっぺが落ちそうだった
おっととと。
 comments(0) trackbacks(0)
生きるコント


最近本を3冊くらい同時進行でよんでいる
どれもこれもなんだか今の自分にはすごく良く効く薬のような言葉の数々
自分を動かしてくれるそんな言葉がたくさん詰まっている。
本てなんだかすごいなーなんて思う今日この頃・・・・・・・
(いや、私がこのバカ正直に何でも直で受け止める性格故のことでもあるのか・・・・・)

そのなかから
今日は大宮エリーさんの生きるコントのレビューでもかいてみようか、と。

この本の存在を知ったのは
クリス智子さんのブログ?だったと思う
そのブログを見たとき、ちょうど彼女の監督作品“海でのはなし”を観た後くらいで
あぁ〜エリーさんの本面白そう〜よみたーい!
といった具合に購入した。

読み始めると
もうノンストップで読めます
最初のリオのカーニバルの話から笑いっぱなし
生きるコント・・・・・・・なんてうまいタイトルをつけるんだ!
と関心します。
だってまさに生きるコントなんですから

けれど
読んでいくうちに思ったんです
エリーさんと私は少し似ていると思った
私なんかがここにいていいの??的な気持ちとか
生まれてきてごめんなさい・・・・・って思うところとか
でも、そんなエリーさんは“勇気”を持って行動することでいろいろなことをやり遂げてきて今に至っている
私にはまだまだそんな勇気が足りないと思う・・・・・・
でも、この本でたくさん教わった気がして
前よりも挑戦することに対しての恐怖心が無くなった。

読んでいると常に笑ってしまうエピソード満載
けれど、その裏側には笑いとはまた違った何かが見える
笑って笑って、ほろっと泣けて
私にとってはこれからまた何度も読み返す
そんな1冊となりました。


いつも本を読み終えて思うことがあって
作者に会いたい!!!話をきいてみたい!!!
ってこと。
きっと誰でもそうですよね・・・・・笑
みんなの頭の中が全く想像つかないので
いろいろな作家の方たちにお会いしてみたくなる
いつか会ってみたいなぁ、と夢見るのです。



さてさて
今日はこれからNATANEcafeに行ってきます
また夜にでも昨夜のクラヤミ食堂体験記をUPしますね。
 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |