食堂、時々日々のあれこれ・・・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
“ただいま!”と思わず言いたくなる場所。洞爺にて


まだまだ・・・・・なんて思いながら過ごしていたら
あっという間にその日になってしまう、いつも旅に出るときってそんな感じだ。

前日は忙しくケータリングをして、久しぶりに超短時間睡眠の後家を出たのは22日の明け方

羽田から飛行機に乗った瞬間に瞼が勝手に降りてきて
瞼が勝手に上がったときには北の大地へと飛行機が無事に着陸するところだった。

約8ヶ月ぶりの北海道は、私が来る直前に大雪が降ったとかでまだまだ真っ白
がびーんと思いつつも、久しぶりに見る真っ白な景色に新鮮さと嬉しさもありつつ
まずは札幌で途中下車して“食べると暮らしの研究所”で一服する。



ふんわりと優しさたっぷりなロールケーキ
丸い味と香りの石田珈琲店の豆で淹れた珈琲
久しぶりに会う友人とさらりと話をして、帰り際には安斎さんご夫妻とお話もできて嬉しかった。
(そしたら、大好きな佐々木ファームの野菜がin-kyoで販売されていることが発覚!!繋がるなぁ) 

昼過ぎのバスに乗り、一路洞爺へ
雪が降りしきる中山峠もまた美しい。

洞爺では夏はゆっくり話せなかった人たちとたくさん話して美味しいもの作って食べて
久しぶりにのんびりと過ごす。
毎日8~9時間睡眠なんて、ほんとうに夢のようだ!!!






ブロック遊びに夢中なゆうら
ちょっと久しぶりに会うと予想をはるかに超えて成長している



木のボウルにすっぽり入っちゃうのんのん
初めて会ったりんごのような真っ赤なほっぺがおいしそうな可愛い女の子



2メートル近く積もった雪の上で元気に遊びまわるゆうらとのんのん・・・・・かわいすぎる
雪国っ子はやっぱり雪が好きだし雪と友達だね。



ゆうらに初めてあったのはもう2年前の話
あの頃はまだまだちっちゃくて、言葉もあまりしゃべれなかったのに
今じゃ、一丁前にペラペラと自分の思っていることを口にする
なんかほんとうに時間はどんどん前へ前へと進んでいるのだな・・・・・
そして、今回初めて会ったのんのんは、最初は話してくれなかったけれど
少し時間が経つとおしゃべりしてくれるようになった。
りんごみたいな真っ赤なほっぺが美味しそうな可愛い女の子、けれど意外と頑固な一面も
うんうん、この先どんな風になっていくのか楽しみ楽しみ・・・・なんてったって母がキャラ濃いですから!!!!笑




そして、私がわがままを言って連れて行ってもらったJIN
洞爺のご近所真狩の農道沿いに店を構える石釜パンのお店。
知らなければ通り過ぎそうなお店なのに、来るお客さんが絶えない・・・
とにかくここのクロワッサンの美しいこと、一枚一枚の層がはっきりと出ていて
見た目からして“美しい”と思わず言ってしまう。。。ほんとうに美しい・・・・・
食べた瞬間の“ザクリ”という威勢のいい音も芳醇な香りと味もたまらない!!!
なんと今回の旅では2回もJINへ行ってしまいました!!クロワッサン・・・たまらないです。




そんなこんなで楽しかった洞爺滞在の後
佐々木ファームの面々の乗る車に同乗して、再び札幌へ
このたびのメインイベント、ファーム仲間だっちょの結婚式!

うーん、最初の人前式から披露宴まで、ほんとうに二人らしくて素敵な会でした。

最後のゆかちゃんの挨拶に涙して
だっちょの挨拶にはなんだか成長を感じずにはいられませんでした・・・・・って親か私は!!笑

お料理も佐々木ファームの野菜がもりもりと使われ
どれもこれも、ほんのりと心温まるお味のものばかり。

一番好きなのは“ありがとうごぼうのムース”的な前菜の一品
ごぼうのうまみと香りをしっかりと引き出した濃厚かつ風味豊かなものでした。

だっちょ ゆかちゃん たのしく愉快な家庭を・・・・・・

これから洞爺はもっともっと楽しく面白く愉快な場所になってきそうですね。
いやはや楽しみ楽しみ



最後の最後は
秋田から洞爺へ移ってきた石田珈琲店へ寄って
1日目に飲んだ美味しい珈琲を購入。
お店も喫茶もひっそりとしていて素敵だった・・・・次回は喫茶へ行きたいと思ったのでした。


北海道
私の第二のふるさとへの帰郷は
またまた私に元気をくれる旅になりました。





2012旅 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |