食堂、時々日々のあれこれ・・・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
小学生の私の十八番
 

13年前

私は、まだ小学生で
渋谷系の王子のその人に、たいそうハマッていたいとこのお姉ちゃんの影響で
なぜだか、曲のリズムが心地よくて私も大好きになった、小学生の私のカラオケの十八番は

“痛快ウキウキ通り”

プラダのくつがほしいの そんなきみの願いをかなえるため
マフラーを巻いて 町へ出て 恥ずかしながらもウキウキ通りを行ったりきたり〜♪

小学生の私には、歌詞の意味なんてどうでもよくて
ただこの歌のリズムが楽しくって、歌いやすくて
思わずワクワクしちゃうなぁ〜なんておもって歌っていたような気がする。


今日は、そんな13年前の小学生だった私が、想像したこともなかった
そんな場所で、オザケンの歌を聴いたのだ。

NHKホールの、前から3列目
憧れのその人は、本当にすぐそこにいる

最初の、僕らが旅に出る理由を聞いて、もう号泣

一生、生できくことは無いんじゃないかと思っていた歌を
目の前で、オザケンが歌っているのだ。

42歳になった小沢健二は、今でもサラサラヘアーで王子のような空気を漂わせていた
本当に42歳なのか!!!???と疑いたくなるようなパフォーマンスだった。

彼の口から、次々とこぼれ落ちる言葉は
歌にしても、文章にしても、なんだか暖かでちょっぴり胸キュンしてしまう。
きっとあの声のせいもあるんだと思う・・・・・あの声がまたいいよね、funnyな感じ。

今、日本の歌手だったら、間違いなくトクマルシューゴと小沢健二が一番タイプだと思う。
(二人とも、どことなく好きな人に似ている・・・・・・・・)

汗を流しながら、ギターを弾く姿、とっても素敵だった。
あんな甘い歌を、あの声でさらりと楽しげに歌えて、乙女の心をわしづかみにしちゃうんだな
すごいなぁ〜オザケン。


オザケンの音楽に対する姿勢、この13年間で思ったたくさんのコト
どれも、聞きながら思わずコクリコクリと深くうなずいてしまった。


あぁ
今夜一晩だけじゃ足りないくらい楽しかったし、感動した。
一緒に全国回りたいくらいだよ・・・・・・・

誘ってくれた方には、感謝してもし足りないくらい
本当に素敵な夜だった。


 comments(0) trackbacks(0)
好きな音
昨日の帰り
久しぶりにCDを買った。
ヨンシーとトクマル氏


ヨンシーはすごくのびのびとしている気がする
ラジオでいつも go do だけをひたすら聴いていて
楽しげでカチャカチャポコポコしているなぁ〜
と思っていたけれど
改めて、全曲通して聴くと
流れができあがっていて
シガーロスとはまったく別の世界観が垣間見えたり
かといって、やっぱりシガーロスのヨンシーを深く感じる瞬間も随所にある
切なさを感じつつ、どこかに幸福感が溢れる
go do そんな曲のタイトルが、今の私の胸に響く。


そして
お待ちかねのトクマル氏
ポートエントロピー

やはり
やっぱり
だいすきな音で溢れている

踊るリズムの中に
空気に優しくのせるように歌う声

たのしくてちょっぴりせつなくて
でも聴いていると、私は何だか元気になるし
ちょっと肩の力がぬけていい感じになります。

ポップ博士は毎回毎回化学反応をバシバシおこして
常に私を新しい世界に連れて行ってくれます。

ゆらゆら
春の風邪に吹かれながら
自由に跳ねてスキップなんかもしたりして
くるくる踊りたくなる



この2人の新譜はなんだかすこーし似通っている気がした。


MGMTの新譜も近いうちに手に入れたいなぁ
あと、シャルロット!

シャルロットの新譜をBECKがプロデュースしていて、すごくかっこよかったったから、最近BECKもよく聴いています。
グエロがどの曲もツボで
疲れた仕事帰りなんかに
よく聴いてはノリノリで家路を歩く私はけっこう可笑しな人です。
モダンギルドが聴きたいなぁ‥‥‥‥‥

freet foxys や Beatlsも最近よくきくけれど
シンプルながら、演奏の凄さや声の響きがかっこいいのはやっぱり良いと改めて感じます。


最近は、なかなかライブに行くことができないけれど
何か生の音に振れたくなりました。

近い内に何か聴きに行こうかな‥‥

とりあえず当分は、上に上げたモノをヘビーローテーションです。

trip to music wonderland!!!!!
 comments(0) trackbacks(0)
heima



8月終わりになって
また夏が戻ってきたような感じ・・・・・
あついです。


そんな今日
ずーっと友人に借りたままの
(あっ、決して借りパクしようなんて思っていません。ただ、借りたままなの・・・・・)
sigur ros のDVDをぼけっとみていました。

なんなんだろう
何度観ても、やっぱり美しい
音も、映像も、空気感も
全部が清々しいのに、どこか悲しくって
時々壮絶な感じが、最高に素敵だ!

お手製の木琴?をメンバーが4人で弾いているシーンなんて
もう、ものすごく可愛いのだ*
真っ暗な中に、溶けかけの氷に火を灯したようなランプを背に
みんなで、ポコチャカポコチャカと木琴を奏でる
幻想的で、子供の遊びのようなのに
彼らがつむぐ音は芸術的なハーモニー
 

買うのをためらっていたけれど
やっぱり買う価値は大有り!!!
だから、お金に余裕があるときに買ってしまおうかな・・・・・
 comments(0) trackbacks(0)
なんとなく・・・・・



なんとなく、久しぶりにとある音楽聴き放題サービスを再開させてみた。

自分のライブラリーを、ぼ〜っと眺めていたら
以前初めて聞いた時に、ものすごく自分好みだったアーティストのものを発見
久しぶりに聞いてみる。

Nanook Of the north
という名のバンド。

適当に検索していてたまたま見つけたのだけれど
この人たち、本当に素敵なのだ。

どうやらUSのアーティストらしく
日本のレコード店でプッシュされてもおかしくないようなメロディーライン
しかしながら、ネットで検索しても、この人たちの情報は一向に得られず・・・・・トホホ

今、アルバムを買うか買わぬか
ものすごく悩んでいるのです。
以前に、jennywilsonのアルバムを買い逃し
今本当に欲しいのに、絶版ということで手に入らないことにかなり悔し涙。
ここは買うべきか否か・・・・・


買うべきか否かといえば
今年の夏は、Sommersonicに行くか否かでも悩んでいます。
1日目の出演者が最高に好き
KASABIAN・phoenix・School Of Sevenbells・KYTE
他にもチラホラと聴きたいアーティストが・・・・・・
もぉー大変だ大変だ〜


という感じで
いろいろな欲と、日々戦っている私です。うぅぅぅぅぅ
でも、結構たのしいです。



話題が違うけれど
最近、仕事でお料理をしていると
すごく可愛らしいお野菜がたくさん届きます。

春から初夏にかけて、まびきの大根や人参
出来立てほやほやの、鮮やかなラディッシュ
ピカピカつるりと光る新じゃが

すごく可愛らしくて
手に取った瞬間に、心がふわりと踊ります。

昨日は、仕事の後に、北海道から届けられた
すくっとまっすぐに伸びたアスパラをいただきました。
今夜はお友達がゴハンを食べにくるので
みんなで旬の味を堪能しようとおもます。

 comments(0) trackbacks(0)
溢れ出す世界


おそらく2年ほど前だったか
音楽好きの友人が
まだまだ音楽に疎かった私に対して作ってくれたコンピCD
その中に、sigur ros という初めて聞く名のバンドの
Hoppipollaという曲があった

繊細なのに強くて
でも儚く
混沌とした渦の中にきらめく歌声
ものすごく感動したのを今でも覚えている・・・・・・


その頃から
彼らの歌声を生で
同じ空間で聞くことが夢だった。

その夢が
昨日の夜、ついに実現した

予想通り
1曲目から、彼らの作り出す空間の渦にのまれ
みるみるうちに目から涙がつたう・・・・・・

強く
激しく
心に入り込む。一音一音に圧倒され
鳥肌がたった・・・・・・・・

ヨンシーの歌声は唯一無二だし
sigurrosという存在もまた唯一無二だ

混沌とした世界に差し込む光だったり
暗闇に差し込む柔らかな月のひかりだったり
軽やかに楽しげに刻まれるリズムだったり
さまざまな曲の表情にたっぷりとこの時間を楽しませてもらった。

すごい
いやー、ほんとうに益々彼らのことがすきになった。




単純な私は
アイスランドに行ってみたくなったってのが本音です。笑

昨日
帰りに友人からHeimaというDVDを借りたのでこれから観ますが
それがまた楽しみ・・・・・・・・
 comments(0) trackbacks(0)
気になるから・・・・・


このあいだ
アイデン&ティティを観ました。

うんうん、こういう感覚ってある
たしかにさ、葛藤するよね〜ここは
みたいな感覚で観ていました。

面白かったけれど
すっごいよかったーってほどではないかなぁ

でも
峯田くんの、もしゃもしゃ頭にめがね
そして、スリムパンツ。
すきですね*

男の子のスリムパンツって嫌いだったけれど
最近は、いくえみ陵の影響もあり
この峯田くんの影響もありで
だいすきです。たたたんじゅん・・・・・・ぶふっ



最近東京メトロのCMで流れている音楽が
銀杏BOYZなんだけれど
あれ、結構すきなんですよ・・・・・
銀杏の曲は全部激しいイメージだから聞いたことないのだけれど
あのCMの曲だけは気になるんだ・・・・・・
漂流教室って歌みたいです。
全部きいてみたいな・・・・・・
きになるき



はぁ
もう10月も半ばだ
そろそろ来月の関西旅行の計画もしなくちゃ
京都の紅葉は今まで見た中で一番綺麗だったから
また観たいな。



 comments(0) trackbacks(0)
マッシュルームな髪とギター


ほんの2週間ほど前
チケットが余ったから行かない??
と譲っていただいたエストニア出身のバンド
piafrausのライブに行ってきた。

女の子2人、男の人4人の6人組
ギターの音が暖かく細かくノイジーに響く
シューゲイザー・ポップなサウンド
女の子2人は、うーんキュート!
特に、赤い鍵盤を弾いていたクルンとしたブロンドヘアーの子
めっちゃかわいいのです。くぅ〜

始まってから終わるまで
体を揺らし、リズムに乗って頭を振りながら
目を閉じて音を感じていました。

ボーカルの男女の絡みがまぁるい感じ
なのに、全体の音は明るくかつ豪快!

やっぱり生で聞く音楽は最高です。
ギターの細かい音や、細く繊細な音が大好きだなぁ*


そして
曲が終わるたびに
サンキュっていうときの声がなんか
小さくちょこっと囁く感じでかわいいな*


そして
最初のオープニングアクトで登場した
toronというバンドもなかなかでした。
なんか、全体に疾走感がある気が・・・・・・・
サウンドは好きなんだけれど、声はそこまでは・・・・・・
でも、聞けてよかった!

この、toronの人でマッシュルーム頭の人がいたんだけど
この人がなんかかっこよくって、ずーっと目で追っちゃった。
マッシュルームカットがゆっさゆっさ揺れて
汗がパラパラ散って、ギターを引いてる姿が素敵だった・・・・・
あと、ジャストサイズのピッタリシャツに細ネクタイって格好がまたすき。



はぁー
ライブに良くと体の真に響いて
ふわぁ〜っと元気が沸いてくる
音の力に助けられっぱなしだぜ!

来月末は、最高に楽しみにしているシガロスライブです。
号泣必至だ・・・・・・

 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |