食堂、時々日々のあれこれ・・・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
2013→2014 



気がつけば、前回の投稿から3ヶ月も経っていました。

いつもこのブログを気にかけていてくださった皆様も
きっとこの更新頻度の低さに呆れかえっていることとも思うのですが
今年はもう少し、なんていわずにとってもがんばりたいと思っているところです。

なので、これまでの怠け更新に懲りず、こちらも覗いていただけたら嬉しいです。



気がつけば、いつの間にか2014年

今までにない人との出合いに恵まれ、新しい仕事にも沢山挑戦させていただいた2013年
昨年は大きな変化がありました。

まず、アシスタント時代から続けていた築地での仕事を卒業しました。
アシスタントの頃、変則的な仕事の合間を縫ってやらせていただいていた築地の仕事
ケータリング仕事で遅かった次の日なんて、舟こぎながら乾物つめをしたり
出勤できる日が限られていて変則的なせいもあって、細かい仕事がなかなか覚えられない
そんな私を3年も働かせてくださり、本当に嬉しかったです。

ケータリングの仕事はとっても華やかなことが多くて
フワフワと浮いた気持ちになることが多かったのですが
そんな日々のなかで、コツコツといい物を世に出していく
そんな仕事の根源のような部分を私に教えてくれたのはこの場所です。
こうして、いつもどっしりと変わらず迎えてくれる場所があって本当によかった。
私の中の商いの原点の一つはこの場所だと思っている。

そして、もう一つ
新しい場所への引越しです。

私がこうして独立して料理の仕事をすることになるなど
微塵も考えていない頃に引っ越してから今まで
沢山の日々を共にした場所。

今までの人生(なんて言っても短いけれど)の中では
間違いなく一番濃厚で変化の多い年月を受け止めてくれた場所。
たいして広くもないのに、ずべての荷物がなくなってガランとしたその場所は
声を出せばじんわりと声が響いていました。
この場所があったから今の私があるんだなぁ、とちょっぴり涙が出ました。



私の日々の中心は、自分の中に生まれる"感覚"を軸に回っています。

自分の中の琴線に触れることがあれば、そこに素直に従う
そうして出会った人やモノ・コトこそが私の人生の宝物です。

そんな、自分の中の感覚に対して、常に素直にまっすぐに
2014年もいろいろな場所で沢山の笑顔に出会えるよう
“おいしいくて楽しい時間”を届けていこうと思います。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。


あゆみ食堂    大塩あゆ美

日々記 comments(0) trackbacks(0)
秋と捻挫とサンドイッチ。


朝の空気がどんどんと透明度を増していく

光は、柔らかく包み込むように優しくて、でもどこかに切なさを漂わせる。

秋ですね。


そんな秋のある日、昨日の夜
大仕事の後に、ふっと気が抜けたのか、暗闇で石段を踏み外し
足を酷く捻ってしまい、捻挫しました。

今日は久しぶりのOFF、打ち合わせや買出しの予定も入れずに
久しぶりに髪を切りに行ったり、行きたかった展示をのんびりと見にいこうと思っていたのに
予定を全てあきらめて、朝から整骨院へ行ってきました。

テーピングと泥で出来たという漢方湿布薬と包帯で足をぐるんぐるん巻かれながら
帰りは久しぶりにサンドイッチハウスに寄ろう・・・・・・などと、いつもながらの食いしんぼう思考。

いつもと変わらぬおじさんがいて
サンドイッチはいつものようにショーケースに並んでいて
私はその中から、ハムカツサンドを選ぶ。

ほどほどにね、ほどほどに頑張ってね。


おじさんは、前と同じように優しいまなざしでこんな言葉を言いながら
カサカサと、サンドイッチの入った袋を渡してくれた。


正直、今日の朝の私は

昨夜の自分の捻挫事件をとってもとっても悔やんでいた。。。
なんであの時ボーっとしていたのか・・・・・なんで、あの道を通ってしまったのか・・・・・
朝のふとんのなかで、ちょっぴり涙が出たのだ。

けれど、サンドイッチ屋を出た瞬間から
そんな後悔はどこかへ飛んでいってしまった。

どんなことがあっても、それは今の自分に必要だったのかもしれないなぁ、と

痛む右足を引きずりながら家へ向かう
痛くても、ちょっと不自由でも、今日はやっぱりいい日だなぁと
今日という日があることの幸せを感じさせてくれた、サンドイッチ屋のおじさんにありがとう。




写真は、昨日のケータリングを手伝ってくれた、カメラマンの下屋敷くんが撮ってくれたもの。

料理が全体的にしっかりと写された写真もあったのだけれど
この写真を見たときに、一目でこの写真が一番気に入った。

あわただしい準備中の一コマだから、雰囲気的にはいまいちなのかもしれないけれど
ヤンクンの感覚に一番響いた一皿だったのが、よく伝わる写真だと思ったから。

きれいとか、かわいいとか、美しいとか、きたないとか

一言じゃ表せない、そんな写真だなぁと、とっても気に入っている。

ヤンくん、ありがとう。。。


 
日々記 comments(0) trackbacks(0)
9/15  

気がついたら目の前は、夏の空とも、秋の空、ともいえないような
間の色をしていた。

いつの間にか、間の季節になっていた。




窓辺には、追熟まちのバートレット



季節の終わりと、始まりと

今日も日々は朗らかにつづく。


日々記 comments(0) trackbacks(0)
浜松でのこと。





先月のこと。


ずっと続いていた忙しい日々の合間
先月後半に、出身県内なのに、ほとんど行くことが無かったところ
西の街浜松へと遊びに行ってきた。

目的地や目的の事以外に、久しぶりに知らない街を
当ても無くフラフラと、流れるように歩いてみた。

ずーっと昔から建っている古い建物

街の中に生き続ける面白い町名も

ふぁーっとさす光の感じも

何もかもが、私の育った地元と同じ県内なのに、どこか違って
でも、やっぱりどこかで同じ匂いがして、不思議だけど
なんかしっくりくる、そんな気持ちになる街だった。

そんなこの街で、面白いことをしている人たちと知り合った。

みんな、この街がだいすきなんだなぁと、そんなに沢山話せなかったけれど
私にはなんとなくそれがわかったよ。

私はいつか、地元で゛宿”をやりたいと思っていて
その前に、同じ静岡で元気な場所を作ろうとしている人達と
何かの形で関わりたいと思っていたから、今回の旅はものすごく大きな贈り物を受け取ったような
そんな素敵な旅だった。

これから、またいろいろな物事が動き出しそう、ワクワクの心が広がった。

ありがとう浜松、ありがとうB&Pのみんな。

次はきっと何かで関わりたいなぁと、期待膨らませながらその日を待つことにしようとおもいます。


また浜松城公園でのんびりあさごはん、たべたいなぁ。


日々記 comments(0) trackbacks(0)
気がつけば・・・・



もうBLOGは更新しないの?


そう聞かれたからというわけではないけれど
ずっと、ブログも更新したいなぁと思いつつ、ほったらかしになってしまってすみません。。。
もちろんこのBLOGはこれからも続けます。

このBLOG、初めた頃は私の日々のつれづれを、何とはなしに書き綴る場所だったのが
いつの間にやらただの宣伝BLOGになってしまいましたね。
もちろん、宣伝も大切だけれれど、もう少し日常的に更新したいなぁと思うのも正直なところ
なので、久しぶりに最近のアレコレを・・・・・・・・


かれこれ4年前からやらせていただいていた、たかはしよしこさんのアシスタントを卒業し
昨年6月から、本格的に“あゆみ食堂”として活動をはじめ、いろいろと苦労しながらも
なんとかかんとか、自分なりの食との向き合い方、仕事の仕方を模索しながらの日々を送ってきました。
まだまだ答えなんて出ていないけれど、というか一生答えなんて出そうに無いけど・・・・・でも、それでも私らしい仕事がほんの1个らいはできるようになってきたかなぁ、そんな風に思うこのごろ。

今年に入ってから、いろいろとはじめてのお仕事にも挑戦させてもらうことができ
新しい人との繋がりも広がり、本当に回りにいてくださる方々へ感謝をしてもしきれないほどの
あわただしくも楽しい日々を過ごさせていただいています。

特に、今月は久しぶりに大好きなライブにたくさん行くことができて
もう、充電満タン!!!!!

2年越しに見ることができた、古川日出男さん管啓次郎さん柴田元幸さん小島ケイタニーラブさんの銀河鉄道の夜、もう心が震えるほど感動しました。全部の公演にくっついていって観劇したいほどに素晴らしい公演でした。

去年から行きたいと思いつつ行けずだった、DJみそしるとMCごはんちゃんの、お饅頭ライブ
新しいライブの形!皆で歌にのせてお饅頭を作って、ライブ聴いて、お饅頭食べて、最後はお持ち帰りのお饅頭有り!みたいな感じのとにかく楽しい参加型ライブだったなぁ。

去年初めてライブに行って以来、いける限り行っているCOINNのライブ!
これはね、もう、本当に良かった・・・・・・大人も子供も思い切り楽しめる
子供よりでも、大人よりでもない、COINNが創り上げた楽しくって優しくってワクワクするような曲たち
行く度に暖かいものを受け取って帰ることができます。幸せな気持ちが満タンになる彼らの音楽、是非是非たくさんの方にも聞いて欲しいので以下にリンク貼っておきますね!
2ndアルバムがまた素晴らしいのです!

COINN


そして、締めくくり
西麻布の新世界で行われた“おきば vol1”
寺尾沙穂さんのピアノ弾き語りライブと、松井一平さんのライブドローイング
そして、最後は大林千茱萸さんのお料理をみんなで食べるという、グラフィックデザイナーの山野さんのお誕生日をお祝いするイベントでした。(こんなイベントははじめででした!)
一部の、寺尾さんの弾き語りライブ、曲ごとに変化していく声の表情がすごくて
ひたすら感動して鳥肌が・・・・・・
二部は、寺尾さんのライブと一平くんのライブドローイング
これが本当に素晴らしかった、今思い出しても胸が熱くなる。。。
寺尾さんの作り出す歌は、力強さと優しさが一緒になって体の中心にまっすぐに響く
一平君の絵は、さらさらと流れるように描きあげられていって、出来上がると生きている大地のようだった。
二人は、ただそこにあって、日々うつろいゆく自然のような人だなぁとおもう。
本当に素敵な夜でした。
(そして、人の誕生日をお客さん皆がお祝いするという、なんとも不思議な会!私は山野さん知っているからそんなこともないけれど、でもなんだか不思議で楽しかった♪)


そんな日々の中で
私の周りの人たちが、モノ作りに対して(形あるものも、無いものも)
真摯な姿勢で、本気で取り組んでいることにいつも感動しています。
感動して、胸が熱くなって、自分の背筋をシャンと伸ばされる感じ・・・・・・・・
隠れ負けず嫌い根性が働いて、静かに奮い立って、自分も頑張らなければと、心が沸々しています!

嬉しいなぁ、こうやって人の本気の姿を見ることができて
自分もそこから元気や勇気をもらって、自分のやり方でその力を外に出していけることが!

これからも、日々精進で自分の信じる道をしっかりと歩きたい!そんな風に感じた春です。

明日から4月、心新たに頑張ります。




あっ、ちょっと告知!

4月6日(土)・7日(日)12:00〜17:00
4月13日(土)・14日(日)12:00〜17:00
西荻窪みずのそらであゆみ食堂開店します!

今回は切り絵作家の辻恵子さんの個展に合わせてメニューを考えていますよ!
一週目はカレー、二週目は定食を作って皆様をおまちしておりますので、展示と合わせて楽しんでいただければと思います。(おやつもあるよ!)

みずのそら





日々記 comments(0) trackbacks(0)
ひさしぶりに。


ひさしぶりに第二の我が家でお昼ご飯を3人で食べたお昼。

ひさしぶりに親友(と私は呼んでいる)と2人でお茶をした夕方。

そして、最近知り合った(のにすでにななんやかんやとお世話になっている)かたのお店に伺った夜。



みんなみんな筋の通ったことをされている
すーっとしていてい気持ちがいい。

私のまわりにいてくれる人たちは皆自分の“見方”みたいなものがちゃんとあって
みんななりのいろいろな言葉をくれる、それって本当にありがたいことだ。

ゆらゆらしていない、揺るがないものが大切。

ゆるゆるとしていても芯がどしっとしている人達
一緒にて心底楽しい。

東京に住み始めての私の一番の宝物は“人との繋がり方”

みんなにありがとう!

 
日々記 comments(0) trackbacks(0)
ずっと続くのだなあ


いつの間にか時間がたっていた。

最初は、長い道のりだ・・・・そんな風に思っていたのに
時間はあっという間に過ぎて、いつの間にか今日になっていた。

良い頃合に
良いように進んでいく

きっとそうやって日々はずっとずーっと続いていくのだろう。

常に表情を変える川の流れのように
私の日常も常に変わり続ける。

自由に軽やかに、でも腰を据えて、どしりと
一歩一歩歩こうと思う。


そろそろ
この街を離れよう・・・・

 
日々記 comments(0) trackbacks(0)
とりとめのない日々のこと


 

最近はお茶をボンヌママンのジャムの空き瓶に注いで飲むのが
なんかすきなんだ。

ジャムの瓶をこうやってコップとして使う・・・・
そんなことをいつかのkunelで岡尾さんが書いてた。
それをみてちょっぴりあこがれていたんだよね。。。
なんかいいんだ、このガラスに入ったお茶の姿って




5月だからこいのぼり。
高円寺なみのゆの煙突の周りではたくさんの鯉が空中で気持ちよさそうに泳いでた。

この煙突が見えるベストスポットにある書肆サイコロ
私が大好きな場所。。。
天井が高くて、古いものと新しいものと、程よく混ざり合う
なんともいえない空気が漂う場所。
ここのおかげで高円寺が大好きになった。



新宿京王百貨店の沖縄物産展
ずっと行きたかったロードワークスにて
赤オニくんと青オニくんをつれて帰る。

いないないばぁーをしている赤オニくん
えいやっ!とポーズをとる青オニくん

つれて帰ってきてからというもの
毎朝、起き掛け一番最初に眺めて
なんか癒されちゃう存在。




日々はいつもささやかな幸せの連続だ
ほんの少しの幸せを膨らませて日々を過ごす
なんて幸せなんだろう、と日々かみ締める。




日々記 comments(0) trackbacks(0)
気がつけば4月・・・・
 

新しい年度が始まった。

街を歩いてみれば、どこからとも無く木蓮のいい香りが漂い
そこここに、きれいな花が咲き始めた。

たくさんの草木が芽吹き、いろいろなモノが・人が輝き始める季節だ。


相変わらずのものぐさでこの場所が放置になってしまった。。。すみません

3月11・日18日の日曜日、芝生にお越しくださった方々
改めまして、ありがとうございました。

ほんとうにまったりとゆるりと、ガレットを焼きながら
来てくれた方たちとゆっくりお話ができて楽しかったです。
みなさん、私の狙い通りビールを思わず注文してくれて、心の中で小躍りしちゃいましたよー
あのガレット、そりゃビールと一緒にいただくっきゃないっ!ってくらいの酒飲みの大好きなおつまみな味がするんですもの♪ふっふっふ


そんなおやつイベントが終わった翌週半ばから、5日間ほど友人の結婚式出席を理由に北海道へいっていました。

3月も終わりだというのに、北海道は2メートルの積雪!!!
また冬に逆戻りしたかのような気分・・・毎日起きるとさらに雪は積もり
ほんとうに真冬の雪国でした。
(けれど、北海道の真冬はもっともっとうーんと寒いのだと思うけれど)

昨年の夏お世話になった佐々木ファームと友人のお宅2件に各1泊ずつ泊まらせていただき
久しぶりに、ゆるゆるとのんびりと過ごしました。

自分の故郷が静岡以外にもできたような気分で
洞爺に来るとなぜだかただいまといってしまいます。

北海道でのお話はまた改めて、写真つきでじっくりと・・・・


さてさて、いろいろと悩むこともありますが
新しい季節だ。また一歩一歩、地に足つけて進んでいくとします。

日々記 comments(0) trackbacks(0)
日々の歩み・・・・



れもん・きんかん・ゆず
暖かな色が木の皿に溢れる
冬の柑橘たんまりと届きました。
明日やっとこ仕込めそうです。

きんかんコンポート、ゆずポン酢、さてさて檸檬はなんにしよっ




西小山、cafeカウラで新年会をしたのは
もう2週間も前のこと・・・・おいしい夕べだったなぁ
アリゴコロッケはエジプト塩を使ったコロッケ!
トムという名のチーズも入ってたまらないコンビネーションだった。



年賀状展でみつけた、to-kichiサイン
ゆるい・・・・・かわいい・・・・・本人に似ている・・・・のかな??
なんとも絶妙です。



雪の降った日
その日も朝から晩まで料理尽くめでした。
よしこさんととーるちゃんの渾身の作
自家製腸詰!
なかなか見れない風景だ・・・・・・




あわただしく過ごしていたらいつの間にか一月が終わろうとしている。

あわただしくてクタクタなときもあるけれど
それでも毎日が楽しくてしかたがない。
そんな風に思う今日この頃・・・・・


先日言った高円寺コクテイルで購入した
“台所のオーケストラ”(高峰秀子著)がすばらしい
ほんとうに今すぐ食べたくなる料理ばかり
読んだそばから頭の中に食卓の光景が浮かび上がり
お腹がなるのを必死でこらえるのが大変だ・・・・

料理はやっぱり日々の糧で
日々をあゆむための源なのだ。
シンプルでいて時々遊び心があって
考えただけで幸せになってしまう
そんな、何気ないけれど、なんかまた食べたくなるごはん
あゆみ食堂のごはんやおやつはそんなものであったら良いなぁ
そんなふうに思っている。

来週末のあゆみ食堂、詳細は追ってお知らせします!!
(近日中に!!!!しばしお待ちを〜)

日々記 comments(0) trackbacks(0)
| 1/23 | >>