食堂、時々日々のあれこれ・・・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
生きるコント


最近本を3冊くらい同時進行でよんでいる
どれもこれもなんだか今の自分にはすごく良く効く薬のような言葉の数々
自分を動かしてくれるそんな言葉がたくさん詰まっている。
本てなんだかすごいなーなんて思う今日この頃・・・・・・・
(いや、私がこのバカ正直に何でも直で受け止める性格故のことでもあるのか・・・・・)

そのなかから
今日は大宮エリーさんの生きるコントのレビューでもかいてみようか、と。

この本の存在を知ったのは
クリス智子さんのブログ?だったと思う
そのブログを見たとき、ちょうど彼女の監督作品“海でのはなし”を観た後くらいで
あぁ〜エリーさんの本面白そう〜よみたーい!
といった具合に購入した。

読み始めると
もうノンストップで読めます
最初のリオのカーニバルの話から笑いっぱなし
生きるコント・・・・・・・なんてうまいタイトルをつけるんだ!
と関心します。
だってまさに生きるコントなんですから

けれど
読んでいくうちに思ったんです
エリーさんと私は少し似ていると思った
私なんかがここにいていいの??的な気持ちとか
生まれてきてごめんなさい・・・・・って思うところとか
でも、そんなエリーさんは“勇気”を持って行動することでいろいろなことをやり遂げてきて今に至っている
私にはまだまだそんな勇気が足りないと思う・・・・・・
でも、この本でたくさん教わった気がして
前よりも挑戦することに対しての恐怖心が無くなった。

読んでいると常に笑ってしまうエピソード満載
けれど、その裏側には笑いとはまた違った何かが見える
笑って笑って、ほろっと泣けて
私にとってはこれからまた何度も読み返す
そんな1冊となりました。


いつも本を読み終えて思うことがあって
作者に会いたい!!!話をきいてみたい!!!
ってこと。
きっと誰でもそうですよね・・・・・笑
みんなの頭の中が全く想像つかないので
いろいろな作家の方たちにお会いしてみたくなる
いつか会ってみたいなぁ、と夢見るのです。



さてさて
今日はこれからNATANEcafeに行ってきます
また夜にでも昨夜のクラヤミ食堂体験記をUPしますね。
 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://aaaaa23.jugem.jp/trackback/246
<< NEW | TOP | OLD>>