食堂、時々日々のあれこれ・・・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
25



先日
またひとつ大人の階段のぼりました。

えっ・・・・本当にのぼれているのか??って??

どうなのだろうか
自分でもそれが嘘か誠かはわかりかねます。

けれど
1年の中で確実に自分の中にたくさんの大切な出来事が積み重ねられていることは確かで
その分、自分の中で日々たくさんの何かが、良くも悪くも変化している
それだけはハッキリといえること。


去年の誕生日の記事を読み返していたら
なんだか去年のその日はものすごいミラクルデイだったのだ・・・・・
ジョーさんに、大写真家浅田氏に、マフラー作家の女の子に・・・・・・うわっ今思い返してもすごい日だ。


今年は、いつものようにお仕事していました。
もうすぐそこまで迫ているパリでのお仕事の最終プレゼンの仕込みと本番
自分の抜けすぎなところに唖然とする・・・・・・・あぁぁぁ・・・・
でも、落ち込む暇もなく、次の失敗はナシ!!と言い聞かせる。

朝ポストを開けると入っていた、大仏型のお誕生日カード
(もー大興奮!!!私はこういうポストカードとかほんっとに大好き!!おかぼーありがとう)

初め会った可愛い子からいただいた、お花の置物と奈良美智のカード、そしてうれしい言葉
(4年も前から私のblogを見てくれていたなんて・・・・・・びっくりしたけれどなんだかうれしかった。
カードに並べられた言葉・・・・・本当にうれしかったんだよ。ありがとうこりまちゃん)

職場のまりーぬからいただいた、こぶたちょこ
(大好きなコーヒーと至福のひととき・・・・・・ありがとう)

お花が宅急便で送られてきたり
(ピンクの可愛いお花たち・・・・私もこんなことがこっそりとできる大人になります。)

時々いっしょに仕事しているかっちゃんは、仕事終わりにコンビニでケーキを買ってきてくれた。
(うぅ・・・・・にくいことをしてくれるぜーうれしかった。ありがとうかっちゃん)


そして
締めくくりは、よしこさんとふーちゃんに連れて行ってもらった
代々木八幡近くの、ostuというピエモンテ料理。

よく一緒に仕事をさせてもらうことはあっても
この3人で一緒に食事に行くのは始めて。

おいしいピエモンテ料理を食べながら
料理のマニアックな話、映画の話、くだらない話を永遠と繰り返す

本当に何気ないけれど
こういう瞬間て、人生の中でたぶんすごく少ない気がする
毎日こんなに幸せな時間ばかりだったら、この瞬間を愛おしく大切に思わず
ただただ通り過ぎてしまうような気がするから

この瞬間がこんなに幸せで、目の前で起きていることすべてが
スローモーションのように見えてしまうのは、毎日辛いことや悲しいことともしっかりと向き合っているからなのではなかろうか、と思う。

高校生ぐらいまで
“何で私は私として生まれてきたのか・・・・・”
ハッキリ言って自分のことがあまり好きではなかったけれど
今の仕事をするようになって、心底私として生まれてきてよかったと思う。

どこの誰でもない。世界で唯一の自分。

今までずーっと私の一番近くにいる家族
私と出会って、そばにいてくれる大好きなたくさんの人たちへ、ありがとう。

新しい一年も丸ごとたのしもう!!!


追伸
ostuの料理がすばらしかった!!!
初めて食べた山鳩のお肉・・・・・・人生初の食感・・・・・ごちそうさまでした。
日々記 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://aaaaa23.jugem.jp/trackback/526
<< NEW | TOP | OLD>>