食堂、時々日々のあれこれ・・・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
1月19・20日はみずのそらでちらし寿司。そして、最近の嬉しかったこと諸々。



みなさま。
とっても遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
(もう2週間も過ぎている・・・・・すみません。。。トホホ)

そんな2013年1月のあゆみ食堂
次回の開店日は、1月19日(土)・20日(日)に、西荻窪みずのそら です。

今回は、年の初めのご挨拶“NewYearsGreetings展”ということで
何か少し特別で、でも日本の年初めに相応しいものをご用意したいなぁと思い
ちらし寿司をご用意することにいたしました。

そして、今回は器も特別仕様。
YAMASAKIDESIGNWORKSさんにご協力いただきまして
枡のお重を使ってご提供させていただけることになりました。

このお重の檜の香りが酢飯からほんのりと香るのも、また風情がありますし
こうやって普段とは少し違った器でいただくときって、食べるほうの感じ方なんかも敏感に
そして、一つ一つを丁寧に味わいたくなるような気がします。

この枡は、建築用の柱や梁の端材でできています。
もともと、木材の有効利用で作られているので、気兼ねなく使って、何年も経ったら新調する
循環型の道具だと思います。

と、この枡重の説明の中で山崎さんは仰っています。
こうやって少しだけ特別なものを、日常の中のいろいろなシーンで取り入れることができたら
日々の食卓は、少し楽しくてワクワクするものになっていくのではないかなぁ、私もそんな風に思います。

今回の展示期間中は、この枡のお重も合わせて販売させていただいております。
お重は、大きさが3種類あって、それぞれでいろいろな使い方ができると思います。

あゆみ食堂では、ちらし寿司の他にも、おやつをお出しする時に使わせていただいております。
手触りや、その風合い、使用している感じもご覧いただければと思います。

19・20の二日間、新しい年の初めに皆様にお会いできるのを楽しみにしております。











さて、ここからは日々の徒然

12月は本当に忙しい月で、ちょっと頭の中がコンランショップすぎて
いろいろ落ち着いて書けなかったので、今さら嬉しかったことなど書きたいなぁと。

12月は、なんだかんだとたくさんの方々にお声がけいただき
たくさんの場所であゆみ食堂を開きました。(おやつがわりと多かった!)

高円寺のカフェギャラリー3さん
同じく高円寺の可愛いキャンドルのお店matogaでの、冬ののみもの屋
下北沢のシマシマヤトーキョーさんのWSでのおやつ担当
西荻窪ギャラリーみずのそらでの、濱野太郎さんの展示期間中のおやつ担当
立川シンボパンで開かれた品田裕美ちゃんの写真展のオープニングマーケットにおやつ出展

他にも、書肆サイコロの2周年記念の宴や、もうすぐ出る素敵な本のレシピ提供と撮影
本当に、去年一年の仲で、一番濃ゆ〜い1ヶ月だったと言っても過言ではない気がしています。

みんなの美味しいの笑顔が見れたら、どんなに睡眠不足でも
そんなのどこかへ吹っ飛んでしまうくらい元気になれます。
ほんとにそんな笑顔をくれる皆様へいっつもいっつも感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

そんなかんじでせかせか過ごしていたら
友人の品田裕美ちゃんが自身のブログに、もう涙ダラダラ出そうなことを書いてくれました
(私はこのブログが、マジで、マージーで大好きです。元気ないときに見ると、絶対すぐに元気になれます、いやでも笑っちゃいます。うふふ)

私には、世界を変えることなんてまだまだ、ってか死ぬまでできる確立0.1%くらいだとおもうけど(えっ、弱気すぎ??)でも、私の周りの小さな世界だけでも、料理のチカラで変えられる気がする、そう思いながらいつも料理をしていたから、品ちゃんがこんな風に書いてくれたこと、びっくりしたと共に、思わず涙が出てしまった。

私の料理は、本当に家庭料理の延長みたいなもので、私よりもっともっと美味しいものを作る人は
この世界の中に、もうほんっとーに星の数ほどいる。
けれど、私は私らしく、食べてくれる方のことを思いながら、祈るように料理を作り続けたいと思っている。その笑顔こそが、日々を楽しく彩ってくれるはすだと信じているから。

悲しいとき、辛いとき、寂しいとき
どこかで誰かが、私の料理を思い出して
少しでも元気になって、笑顔になれたのなら、私はほんの少しずつでも
明日からの世界が変わっていくと信じている。

また今年も、人の人生に寄り添えるような、暖かいごはんを作りますね!

どうぞよろしくお願いいたします。


あゆみ食堂  大塩あゆ美
あゆみ食堂 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://aaaaa23.jugem.jp/trackback/632
<< NEW | TOP | OLD>>