食堂、時々日々のあれこれ・・・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
あけまして・・・・・・



おめでとうございます。。。っておそいですね・・・・・

4日に東京に戻って以来、あゆみ食堂の準備やら、家の更新やら
なんやかんやでわたわたと忙しくしておりました。

昨日は“2012年の抱負展”初日
お会いしたかった方や、初めましての方・・・
いろいろな方と会って話して笑って、なんとも楽しい1年の始まりです。

実家でついてきた自家製の杵つき餅も皆さんに好評!
そして、私のおススメは、二代目宝助さんが丁寧に淹れてくださる“白湯”です!!!

昨日、おなかぺこぺこでぐったりだった夜
最後に宝助さんが淹れてくれた白湯を呑んだ瞬間
体がフワリと軽くなったような気がしたのです。
なんだか透明の空気が体の中に入ってきて、体の中のいらないものを
ふーっと体の外に追い出してくれたかんじ。
是非みなさんにも飲んでいただきたいなぁ・・・・・

展示は10日まで
あゆみ食堂は明日9日まで開店しております。
どうぞおいしいおもちを食べにいらしてください!
cafe+gallery芝生“2012年の抱負”展





今年のお正月も、いつもの年明けと変わらず
いつものように過ごした。

おばあちゃんのこしらえるかき菜のお雑煮
おこたでみかんを食べながら、お茶をのみながら、シマ(猫)と戯れたりして
2日,3日は、ここ3年くらい1年一番最初の楽しみな箱根駅伝を最初から最後までみたり。
ひさしぶりの友人にあったり
本当に1年前となんら変わらない私のいつものお正月・・・・・・のはずだけれど
やっぱり心の中は1年前とは確実にがらりと変わった。

こんなふうに何気なく温かな部屋の中で
大切な家族や仲間と過ごせること、そこにこそ幸せや豊かさが詰まっている
そんな気持ちでいっぱいでした。

そして
ひさしぶりに箱根を見て大興奮
チームでスポーツをやる姿って、すごく感動するし
何よりも楽しそう!!!
自分一人ではないぶん、背負うものもものすごく大きい
けれど、たくさんの気持ちを分かち合える仲間がそばにいて
常に競い合えること・・・・・うーん、ほんとうに良いものだなぁ。
泣いて笑って怒ってへこんで・・・・全部全部があるから
みんなが4年間でたくましく優しくなっていく。

優勝した東洋大学を見ていると
おもわず“ひゃー!!ほんとうにみんな気持ちがまっすぐにゴールを目指している!!!楽しんでいる!!”
そんなふうに思わずにはいられなかった。
4年前、初めて柏原君の走りを見て、もうただただ、すごい・・・すごすぎる!!と開いた口がふさがらない状態だった。だって、あんな坂道で何人も抜いていくんだもの・・・・・はぁぁー
そこから始まって、4年後の今の東洋大学、もうほんとうにすばらしいチームになっている
私は陸上はまったくのド素人だし、あまり良くわかっていないけれど
そんな私にも、このチームがどれだけ成長したのかがひしひしと伝わってきた。
年明けそうそうあんなにすばらしいレースを見ることができて、やっぱりなんだか幸せになってしまった。今年も楽しい1年になりそうです!!


東洋がどんな練習してるのかとか気になって(相変わらずのミーハーぶり・・・・・)
日々本屋でせっせと陸上雑誌を立ち読みしています。
そしたら、numberDOの記事で、もーすっごく走りたくなっちゃった・・・・きっと100メートル走ったらすぐに徒歩になりそうですけれど・・・・うぅぅぅ
野尻湖合宿で片手腕立て伏せとか・・・・・それは無理ですけれど
走るのは気持ちよさそう!!!15キロ・・・いったい何時間かかるんだろう・・・・・・

今年はちょっと休みの日の朝とか、走ってみようかな
自分のペースで気持ちと体を引き締めるためにも、足腰を鍛えるためにも
がんばりたいなぁと・・・・・・

とにもかくにも
今年も地に足つけて一歩一歩しっかりと進んでいきます。

あゆみ食堂もいろいろと企画してやっていきます。
よろしくおねがいします!

日々記 comments(0) trackbacks(0)
2011年・・・・・そして、1月のあゆみ食堂のお知らせ。


朝だというのに、まだまだ月の灯りが美しく街をつつむ朝の6時前

マフラーをきゅっと巻いて、しっかり着込んで家を出ると
キーンと冷えた夜の空気がそこらじゅうに漂っている。
その空気を振り払うように仕事へと向かう。

東銀座に着いて、地上へ続く階段を上り終えると
白々とした光が差し始める朝の空へと様子を変えている。

まだ動き出す前の街を
まだ澄んだ空気の漂う街を
私はぐんぐん歩いて築地の仕事場へと向かう。

東京に住み始めて7年ほど、東京の街の姿で、この築地へ向かう冬の朝の街ががとても好きだ。



忙しかった12月も昨日の築地の仕事で仕事納め。
収まりきらない自分の仕事がありつつも
今日からは、4日間ほどゆっくり過ごすことにしようと思い
昨日の帰りに大好きなワインを買ってかえる。
今夜から実家に帰れると思うと・・・・うれしくてうれしくて・・・・くふふ。

今年一年は本当に自分にとっても、世界中の人々にとっても
未来への大きな大きな重い重い荷物を背負うことになったような、そんな1年だったと思う。

311の大震災以降、私の中ではいろいろな価値観ががらりと変わった。
ずっと以前から、食についてはもちろんいろいろ考えてきたけれど
それ以上に、生きることと食の大きな繋がりを実感し、もっともっと食について伝えていくことがたくさんあるのではないかということを考え、行動していくことが自分の役割なのだなぁと思う。

そんな、重い現実を抱えつつも
今年もたくさんの素敵な人たちと出会い、呑んで笑って泣いて・・・・・ほんとうに忙しく楽しい1年だったなぁと、しみじみとかみ締めるようにいろいろなシーンを回想している自分もいる。
私がこうして、日々を豊かに生きていけことは本当に周りの方々のおかげ
誰一人かけてもきっと今の私にはなっていない・・・・毎年のごとく歳の終わりに感じること。

2012年は普通の日々を豊かに生きられるようでありたい・・・・・・
ちょっとしたことを発見する喜びや楽しさを忘れずに、どこまでも朗らかに、軽やかに・・・・・

2012年が皆様にとってよい1年になりますように・・・・
どうぞよいお年をおむかえください。


最後に!!!
明日から始まる2012年1月・・・・・

ひさしぶりに、あゆみ食堂開店いたします。

1月7日(土)・8日(日)・9日(祝月)
この3日間は、小田急線の経堂にあるcafe+gallery芝生さんにて
"2012年の抱負展"で、お正月の名残を味わう、歳初めのごはんとおやつをお出しします。

翌週末の、1月14日(土)・15日(日)
こちらの2日間は、西荻窪のgalleryみずのそらさんにて
゛New Years Greeting 展"で、おめでたいスープ2種にポチコロベーグルさんのパンをお付けしてお出しします。そして、おやつも・・・・・・おやつのみ展示の初日からお召し上がりいただけます!

どちらの展示でも、丁寧に炊き上げた黒豆をつかったケーキをお出ししようと考えています。
(上の写真はそのための試作・・・・・黒豆ときなこのタルト。これがでるかな、でるかなぁ〜ふふふ)

冬散歩が楽しい(さむがりさんには少々キツイか・・・・)このごろ。冷えた体を温めに
どうぞあゆみ食堂へ心も体もあたたまりにいらしてください。


そして!
遅ればせながら、ツイッターをはじめることにしました。。。
まだまだやり方がわかりません・・・・・が、もしよろしかったらフォローしてくださいな・・・・

ayumishokudo 


↑コチラをくりっくしていただければ・・・・・・たまにつぶやきます。

では、来年もよろしくお願いいたします。


追伸
帰省の電車の中で、ユリイカの石川直樹特集を読みながら、服部文祥さんとの対談に
爆笑しそうです。

日々記 comments(0) trackbacks(0)
あの日へ・・・・・



気がつけば2011年もあと2週間ほど。

最近良く思い出すことがある
3月パリへ行ったときの事を・・・・・

もう3年ぐらい前のことなんじゃないかと思うくらい
ずっとずっと昔の出来事のようなパリの日々。

朝起きて、窓の外を見たら、向かいのcafeには朝の7時だというのに
お客さんがそれなりに入っていてる。
白い息を空中に吐き出しながらトットットットと通りを行きかう人たち
いつ建てられたのかよくわからないくらい古い建物で出来上がった町の景色。

そんな朝の一場面を見るたびに
はっ!夢じゃないのか・・・・ここはパリなんだ・・・外国なんだ
と 、変な気持ちで現実を思いだす。


ゆっくりと確実にくらくなる夕暮れ時

ほのほのと柔らかな灯りのちらつく夜の街

早朝から始まってお昼には店じまいする、活気あふれるマルシェ

朝の白っぽい光に染まるセーヌ川

寒い寒いと震えながら街角のcafeのテラス席で飲んだカプチーノの味

ポワラーヌのパンドミと、りんごパイと、カンパーニュのなんともいえない味

cafe de FROLE で食べたものすごい量の朝ごはん

わからないフランス語を一生懸命はなして何とかありつけたルージュのランチ

人生で一番おいしいとおもったネギは、ラシーヌのネギのサラダかもしれない

絶対にふとるね!!!といいながらにんまり笑顔で食べたverletのカリカリのクロックムッシュ

自然史博物館の並木道の木々に垂れ下がるまぁるい実の可愛いこと

地下鉄の通路でいつも響いているたくさんの音楽

郊外のブロカントに遊びに行ったときにみたヤドリギの姿

ブロカントで食べたオイスターと白ワイン、フォアグラのサンドイッチ



目をつぶるとたくさんの思い出がすぐそこによみがえる。
今年の私に一番の衝撃を与えた出来事が3月に一気に起こった。

私達がパリにいる間に起こった東日本大震災
なんなんだろうこの同時に起きたものすごい出来事は・・・・・
今でもなんだか不思議でしかたがない

けれど、外国の日々の中に少しだけでも身をおいたことは
3月以降の私の生活の中にものすごい変化を与えていると思う。

何が豊かなのか・・・・・何が幸せなのか・・・・・本当に些細なことだけれど
その一つ一つがものすごく尊いのだ。

日本のすばらしさに気がついたこと
けれど、その反対側にある汚さに気がついたこと

どちらも外に出てみなければわからなかったこと。

毎年毎年、たくさんの気づきを与えてくれる自分の周りの人や環境
たくさんのことにありがとう。

はぁ
パリ・・・・・本当に夢見たいな日々でした。

日々記 comments(0) trackbacks(0)
しあわせな日々



12月になって気温もぐんと下がって、日増しにマフラーの巻き数が増える・・・・・
ぐるぐるぐるぐるぐるぐる・・・・・・・いつの間にか頭まですっぽりマフラー人間になるんじゃないかと
少し心配になる・・・・・うーんうーん。。。

昨日
母と妹が久しぶりに東京へ出てきていたので
3人で下町散策をした。

清澄の山食堂(大好きおけちゃんのおいしいご飯・・・・・あぁなんてほっとするのだろう・・・・うんむ)
蔵前のカワウソ(大沼さんの写真の素敵さに脱帽・・・・・いやぁ〜ほんっとうに素敵だ大沼さんの人柄がそっくりそのまま現れている写真・・・・・そして石川さんの美しく柔らかで優しい表情のガラス達・・・・何を買うか迷っているところです。。。)
in-kyoとアノニマススタジオ(えみおわすのなおきくんに1年ぶりにお会いできました!!!あのくるくるな髪型が本当にすてきです。ちえさんにもみなみちゃんにも会えてたのしかったなぁ〜そして、ささくんにもみえさんにも・・・・・わぉ!!)

久しぶりに親子三人でゆるゆるとすごせた時間
やっぱり家族っていつでもひとつなんだぁと改めて思いました。

大好きな二人に、東京の大切な知人達を合わせることができてよかったなぁと思った1日でした。

ここ3年ほど、出会う人で会う人みんな素敵な人ばかり・・・・・なんなんだろうこのパラレルな感じは。
きっとみんなどこかでつながっているのだろうなぁ・・・・・なんて思ってしまいます。

そんなこんなで今日もすてきな結婚パーティーに出席して、幸せおすそ分けしていただきました。
帰り際に初めてお話した花嫁どのは、かなり酔っ払いで面白いテンション・・・・ふふふっ
きっとこれから先も素敵な家庭を作っていかれることでしょう。
よっ!!!!天才キャメラマン!!!!!
末永くお幸せに〜♪
(パーティーではひっさし振りの山内さんに腕を本気でたたかれまくりました・・・・・私の肉が厚いからってそんなに叩かんとって〜笑。石川さんや新條さん一哲さん岸山さんせきーねさんなどなどのお久しぶりの方々にもお会いできて楽しすぎる夜でした。)

明日からまたがんばるどー!!!!!


おまけ



こちらはカワウソの棚です・・・・・・おやっ???
黄色い三角形・・・・・あっ!!!エジプト塩じゃないのぉぉぉぉ〜
楠ビルの食卓でも大活躍中のエジプト塩なのでした〜*

日々記 comments(0) trackbacks(0)
自分の道をすすむ・・・・



私が、まだファッションデザイナーというなんとも華やかな職業にあこがれていた頃
それとは、また違うアパレル業界で働き始めた。

大嫌いでお高い上司の言うことを聞くのが嫌で嫌で仕方なくて
いつも反発ばかりして、ひたすら自分のエゴでものごとを考えていた・・・・・・

そんな“暗黒時代”(と自分では言っているけれど、この時期なくして今の自分はいない・・・・)から
私を何かと叱咤激励してくれた友人のamitoこと若山麻子ちゃんの展示会でお客様にお渡しするクッキーを作らせていただきました。

先日、その納品もかねて展示にお邪魔して、私も○△□ピアスを購入・・・・・・
もー・・・・・・年々彼女の作品はすばらしく素敵なものになっています。
今回のアクセサリーたちも、どれも彼女の内側からあふれる優しく美しいものであふれていました。

わかさまは一見クールだけれどかなり変なことも言うし
良いも悪いもはっきりと言ってくれるところが私は大好きです。
だからこそ、彼女からクッキーをお願いされとき、体の芯からピンッと正される思いだったし
久しぶりに一緒になにかできることが心底うれしかったのです。

たくさん試作を重ねた結果に出来上がったクッキーは好評なようで一安心・・・・ふぅ
レシピが知りたい!なんていううれしいお声もいただいて・・・・あぁ感無量です。
ありがとうございました。


皆様にも是非展示に足をお運びいただきたかったのでもっと早くこちらに載せたかったのに
仕事に追われて・・・・・・最終日になってしまいました。すみません。。。


西荻窪にあるFALLさんにて今日まで!!です。
ですので、これをみて「よっしゃ!いったろー」という方お急ぎください〜
本日20時まで開催していますので、この機会に是非amitoの素敵な世界を
手にとってご覧くださいませ!!!

日々記 comments(0) trackbacks(0)
芝生に寝転がって読書がしたい・・・・



こんな風に秋の日の光を楽しみながら河川敷でのんびりしたいなぁ〜
なんて考えつつ、仕事と私用で日々の隙間がない毎日です。

忙しくて疲れたと言いつつ、おなかの底のほうではわくわくした感覚がフツフツと沸いているのは
なんでだろうか・・・・・・1月の2つのイベントのメニューを考えたりしているからかな・・・・ふふふっ。

友人amitoの展示会用のクッキーも完成!!!
うん・・・・・・バター無しで軽やかで香り豊かなバニラクッキーができました。
やっとこさ明日には完成見本を本人に送れそうです。まっててね〜

読書の秋を意識して(というわけでもないけれど・・・)幸田文を読んでいます。
がしかし、最初の頃は読んでも読んでも文章が頭になかなか入ってこなかったのですが
近頃は、文章を読むたびに自分の中に、今までの読書では生まれなかった
生々しい感情が生まれます。
至福の・・・・と言い表した鬼海弘雄さんの推薦文の一説がすごくよくわかる気がする今日この頃。
かみ締めるように、読むたびに深い味わいと趣のある言葉の一つ一つ
やはり言葉は、文字は、美しく魅惑的なトゲのようだ。くぅー

日々記 comments(0) trackbacks(0)
冬へ



りんごーごりらーらっぱーぱんつー・・・・・・・・

なんてなんて
りんごをみていると一人でしりとりしちゃうのは私だけなんだろうか・・・・

これは先日お仕事でタルトタタンを作るよしこ師匠の手元の写真。
これだけ沢山の紅玉ちゃんがあるのもなかなか無い光景なので思わず撮ってみた・・・・

紅玉のこの深い赤が、なんだかとっても・・・・・美しいのです。


11月に入ったとたんに、寒さの濃度がギュッと濃くなった気がする
秋の光は白っぽくてもやっとした冬の光に変り
丸かった空気はしゅっと引き締まった感じになった。


都会に季節感は少ないと思います。たしかに新鮮な季感は少ないのですが、人もいけないのです。
季節の受取りかたがだんだんへたになっているような気もします。
もともと季節なんていうものは、おみこしのように大騒ぎに担がれて来るものではなく、まあ!というようにもうきていて、おや?というようにいってしまっているんです。
(幸田文著 台所のおと)

まあ!というようにやってきて
おや?というようにすぎてゆく
これだよ〜私が今までいいたかったのはこの感じなんだよね〜
この一説を読んだ瞬間に思わず頷いてしまった。

料理の仕事と、季感を察知する能力に長けていることはおそらく繋がっていると思う。
自然の中で育ったその季節もモノと日々の中で対峙していると、五感が研ぎ澄まされてくる

手の中の野菜の感触が、匂いが、味が
私に季節を教えてくれる。

  
日々記 comments(0) trackbacks(0)
青空の下うまい酒を飲む・・・・・はずだったのに・・・
 





昨日
私の強い気持ちが通じて晴れた!と思った朝。

7時半頃に起きだしてせっせと料理を仕上げ
いろいろと仕度を済ませ、5キロ以上はあるであろう
家出少女のような大きな荷物を両手に抱えて家を出た。

よいこらせよいこらせ、と額に汗しながら、待ち合わせの二子玉へ移動するも
二子玉近くの河川敷は火器禁止ということが発覚し、みんなで二子新地川の河川敷へ移動する。

重い荷物が、重い荷物が・・・・・本当に重くて気分がガックリ・・・・・うぅぅ

なんてちょっぴり気分が下がりつつもバーベキューゾーンに到着し
皆でそそくさと場所を作る。
いやー和やかに会が始まり、皆でモグモグと頬張りつつ話にほんわりと花が咲きました。

最初に集まったのは6人で、12時頃から1人、2人と集まり始め
最終的に15人集まった!!と思ったところで、ポチリポチリと雨が降り出す・・・・・
(いやーやめてー・・・・・あゆみ心の叫び)

みんなで辛抱強く続けようとするも、雨はやまず・・・・・
観念して対岸の公園の線路下ゾーンに移動しようと言うことになり
ひとまず青空居酒屋なら雨降り居酒屋はお開きとなりました。

7人が対岸に移動して楽器の練習をする3人組の前に陣取り
気を取り直して呑みなおす。

いや〜初めてのメンバーなのにここからがまたまた面白かった!!!
かわらの砂利の上に座ってゆる〜く呑み始めて、なんとはなしに会話が始まる。

私がいきなり大沼氏の肩もみをはじめたかと思えば
その横ではみーぐるさんがつとむくんの持っていたコンパクトナイフで糠漬けを切って
その横ではバーナーで熱燗を作る・・・・・・・渋い、渋すぎる!!!この会!!!

しかし、このメンバーはこの会に実に良くなじんでいた・・・・・・
みんななんかどこかでかもし出す空気がにていたのかな??
そのせいか、それぞれがゆるーく落ち着いて呑んでいたし食べていたし
和やかに会話がはじまっていた。

近くでは一生懸命火遊びをする少年たちがいて(なんか黙々と本を燃やしていた・・・消したい過去なのか、それともやましい雑誌なのか、どちらにしてもこの2人の少年が川原で隠れて火を使っている光景がなんとも懐かしかった。)
犬を連れて散歩するおじさんや、せっせと自分のペースで走る人達
釣りをする少年たちがいたり、それぞれの多摩川な人々が日々の時間を営んでいる感じ
なんだかほっとする場所だなぁと思った。

寒くなってきた5時くらいに解散
みずほさんはお仕事へ、その他のメンバーはB&NとKOHOROをはしごして
酒屋へ寄りたいつとむくんと別れ、残りのメンバーで学芸大学のyuyujinというギャラリーで開催中の陶とガラスの二人展いき、素敵なガラスと器を見て(石川さんのガラスの浅めの鉢的なお皿がすごーく好み・・・・買わなかったけれどずっと気になっている・・・・・うぅぅぅ)最後は天悠で四川料理。

サイトヲさんとみーぐるさんとは初めてなのになんか初めてな気がしない・・・・・
大沼さんとは17も離れているのに全然そんな気がしない・・・・・
こりまちゃんは見かけとは裏腹にこの渋い会になじんでいて・・・・・
なんか私はすごく楽しかったです。


食べる場を作ることで人と人とが繋がって行く感じが私はすごくすきだ。
ほんの少し前までは本当に他人だった人同士が食べたり呑んだりするという場を共にすることで
自然と仲良くなってしまう、なんてことはない会話からいきなり話が繋がっていっていつの間にか肩の力をぬいて笑いあう仲になる。なんて自然な光景なんだろう・・・・・

食べるが繋げる美味しい笑顔

これからもこんな場所を作っていけたら嬉しいなと、みんなの笑顔をみながら
ほのほのとそんなことを思っている私がいる。








日々記 comments(0) trackbacks(0)
金木犀の香る季節






暑かった夏も台風の強い風邪でどこかへ飛ばされていったようだ。

金木犀の香りが空気に混じってどこからか香ってくる
日差しはまっすぐに分散して降り注ぎ、その光の線を見ながら思わず目を細める
淡いクリーム色を透かしたような秋の光と、金木犀の香りが相まってなんともいえない切なさが
胸に広がってゆく。

いつの間にか10月
9月も慌しくしていましたが、10月も相変わらずさらに慌しくなります。

“大切”なもの・こと、忘れないようにしよう。

しょうぶ学園の美味しいランチの味と、お会計伝票の裏に書かれた言葉
胸に秘めて歩いていきたいと思いました。 
日々記 comments(0) trackbacks(0)
お皿の上の灯台そして、青じそ香る海



あゆのご飯もお菓子も美味しいから、今度の展示でランチとお菓子を出さない??

と友人ののぶこはんからお誘いいただいたのは
まだまだ夏本番はこれからよっ!と言いたくなるような7月のはじめだった。

みずのそらの小峰さんと打ち合わせをして
何度かキッチンを確認して

あぁ、まだ7月だしなんとかなるかなぁ〜

なんてのんきにかまえていたら、8月はが走り去り
気がつけばあっという間にカレンダーは9月になっていた。

自分でこうやってお金をいただいて、出来立てのお食事を提供するということが初めてだったから
ほんっとうに緊張して、メニュー構成を悩んで悩んで・・・・・ほんとうに毎日ビクビクしていた。

ウチからギャラリーまでどうやって運ぶのか
他の仕事も忙しい時期にどうやって効率良く仕込むか・・・・などなど
本当に考え出したらきりが無いくらいに頭の中を不安の渦がぐるぐるとしていた。


本番1日目は、ゆるやか〜にお客様がいらして下さって
あたふたしながらも、楽しく一皿一皿お出しすることが出来た。
2日目、予想以上に沢山の友人含むお客様方にご来店いただき
あゆみ食堂は終始てんやわんや・・・・・・
けれども、皆さんからの嬉しい一言や美味しいの笑顔に励まされ
額に汗しながらも楽しくせっせせっせとお皿を運ぶことができました。

あゆみ食堂へいらしてくださった皆様
ほんとうにありがとございました!!

いろいろ悩んだ挙句、師匠からのアドバイスで実現した灯台カレー
トウキビのつぶつぶが可愛いお皿の上の灯台から、みなさんの笑顔を明るくてらいしていました。

ほそいカペリーニの海からは、ほんのり磯のかおりのするシソベーゼ
鮮やかなトマトに食感が良いきゅうりのアクセントがたのしい一皿になりました。


こうして皆さんの笑顔を直に見ながらお料理できたことが本当に幸せでなりませんでした。

またそのうち突然どこかで“あゆみ食堂”開店します。
そのときはふらりと遊びにきてくださいね・・・・・・



追伸
友人のamitoこと若山麻子ちゃんがブログで紹介してくださっていました!!!
しっかり写真も撮ってくれていて感動!!!
よろしかったらコチラでご覧ください。
彼女の作るアクセサリーもすごく可愛い・・・・・・展示会で毎回何かしらに心奪われています*



ものすごい台風がやっと暑さをどこかへさらっていってくれたようだ。
結局今年もお空に上がる大きな花火はお預けだった・・・・・・
けれど、蔵前の川辺で内緒で上げた花火で結構満足な夏だったなぁ〜

日々記 comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/23 | >>